超・公務員塾をフォローする

法律や経済を勉強する必要のない、特別枠やSPI方式で公務員試験を受けると、合格後の配属先や出世に影響するの?

法律や経済を勉強する必要のない、特別枠やSPI方式で公務員試験を受けると、合格後の配属先や出世に影響するの? 公務員試験(筆記試験)

 

【結論】
全く影響しません。

従来は、公務員試験といえば法律や経済の勉強をするのが必須でしたが、民間企業との人材の獲得競争に負けないため、法律や経済の勉強が必要ない試験枠を設ける自治体が増えてきました。

法律や経済の代わりに、民間企業を受けるときにも必要なSPIを導入する自治体が増えているのです。

とはいえ、従来通りの法律や経済の勉強が必須の受験枠も残っているので、それぞれの枠で合格した後の待遇の差が気になるところです。

結論としては、どちらの枠で合格しても、その後の配属先や出世には、ほぼ影響しません。

ただし、法律や経済の勉強が必要のない受験枠の方が、倍率が高くなる傾向にあります。

ですので、こちらの受験枠の合格者には 、もともとのポテンシャルの高い人が多い印象です。

公務員になることが第一志望の人は、比較的倍率の低い従来の試験枠で受験するのがいいでしょう。

公務員試験(筆記試験)
管理人
超・公務員塾

S県の一般行政職に首席合格した管理人が、公務員試験や仕事の実態についてぶっちゃけます(ちなみに、首席合格の事実は、産経新聞2019年4月2日の記事に掲載されました)。新聞記事URLは、本人確認済のココナラ「プロフィール」欄に載せています。ココナラでは、公務員志望者を対象とした支援サービスを行っています。
https://coconala.com/users/4654987

超・公務員塾をフォローする

コメント